読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つなわたりライフ

在宅ワークのこととかいろいろ書きます。

【ランサーズ】本格的に始める前にやっておいたこと

ランサーズ

ランサーズで万が一稼げちゃった時のことを考えた

ランサーズを始めた頃は、ランサーズ1本で年間何十万円と稼げるわけがないと思っていたのですが、何事も備えあれば憂いなし。

 

万が一何十万円も稼いでしまった場合のことは考えておこう。

だって確定申告とか、夫の扶養の手続き云々で面倒な話になってしまうから。

 

扶養されている主婦の収入源がランサーズのようなクラウドソーシングだけということであれば、「家内労働者等の必要経費の特例」で65万円の控除を受けられるので、103万円までは非課税のはずだ。

 

でも、「家内労働者等の必要経費の特例」を受けるには確定申告をしなければ。

ということは確定申告がしやすい状況にしておいた方が後が楽だなと。

 

ということで専用の銀行口座を作った

まず、ランサーズ専用の銀行口座を作った。ちなみに楽天銀行にすると手数料が100円と安いのでオススメ。それ以外の銀行は手数料500円。

 

ランサーズ初心者にとっての500円はかなりツライ。

 

インターネットで何もかも完結させるには、楽天銀行にしておいた方が何かと便利かも。

 

楽天銀行から自分名義のゆうちょ銀行へ振り込めるように設定した

ランサーズの報酬を現金化するための手数料を少なくする方法があります。

 

ちょっと面倒だけど楽天銀行から自分名義のゆうちょ銀行に振り込むのです。

 

楽天からゆうちょへの手数料は税込103円。

 

ランサーズから楽天、楽天からゆうちょで合わせて203円の手数料です。

 

楽天銀行のキャッシュカードでダイレクトに引き出すより安いという不思議。

 

ライティングのタスクをやっていると、100円200円の価値がとてつもなく大きく感じてしまうものです。

 

そうでなかった頃は手数料の100円ぐらいって思ってたけど。

ランサーズのタスクを必死でやってた時は特に、100円!!高い!って感じでした。

AD

 

 

確定申告でお金の流れがわかりやすいようにしておくのはかなり大事

勢い勇んで買ってきたのは「青色申告」の本でしたが、結局後から白色の方向に。

 

でも、白色申告も簡易帳簿が必須になったから、先に勉強しといた方がいいことはいい。

 

青色申告難しいよ。みんなあんな難しいことよくわかるね。尊敬しちゃう。

 

ちょっと読んでみて「ハイ無理」

 

でも、これは一応やっとこうと思ったことが1つ。それがお金の流れ。

 

生活費に使うお金は、プライベート用口座に移してそこから引き出した方が後がラク

結論から言えば、ランサーズから楽天銀行に入ったお金を直接引き出すのではなく、一旦自分のプライベート用銀行口座に入れておくと楽ってことです。

 

確定申告では、収入から経費を差し引くことができるけど、何にどう使ったのか証明できるようにしとく必要がある。

 

でも、ランサーズからの入金専用口座から直接お金を出して生活費に使ってしまうと、ダメじゃないけどその後計算がめんどくさくなりそう。

 

クラウドソーシングで稼げるかどうかわからないけど、やってみたらパート並みには稼いでしまった私のようなパターンもあるので、確定申告に備えてお金の流れはわかりやすいように最初に整備しておくことをオススメします。

 

説明すればいろいろあるけど、理由云々は置いといて、とりあえずこれやっといたら楽だったよっていう話でっす。